住民会館

住民会館のご紹介

住民会館は東西大陸の各地域に必ず1つ存在する建築物です。
利用できる設備で大きく分けて5種類が存在し、各地域で利用できる設備は「固定」かつ「1種類」となります。

その地域に家を建てると、「住民」として登録されます。(菜園は対象外です)
住民になると、デイリークエストを通じて「住民の証」を獲得でき、住民会館へ投入することで
住民会館を発展させることができます。
一定段階まで発展すると「住民会館」の特色に応じた設備を利用できるようになります。
「住民会館」の設備は、一部を除いて「住民」以外のキャラクターも利用可能です。
※利用可能になる発展段階は、設備によって異なります。

住民システムについてはこちらを合わせてご覧ください。「ゲームガイド「住民システム」」

住民会館の種類について

住民会館の種類と設置地域は以下の通りです。
車両/船舶管理人 (発展3段階で利用可能)
詳細 発展3段階:地域によって「NPC車両管理人」または「NPC船舶管理人」が現れ、車両の書や船舶の書をレンタルすることができます。
設置地域 車両:ブロンズロックマウンテン、太初のゆりかご、ガランドル平原、虹の原、タイガースパイン山脈
船舶:ソルズリード半島、リリエット丘陵、レッドホット荒野、マハデビ、サンライズ半島

 

地域特産品製作人 (発展3段階で利用可能)
詳細 発展3段階:「NPC地域特産品製作人」が現れ、その地域限定の住民会館特産品を製作できます。特産品は各交易所で「地域特産品」として販売できます。
設置地域 ホワイトフォレスト、ツインクラウン、ハリハララヤ遺跡、ハスラ

 

絢爛たる製作台 (発展2段階以上で利用可能)
詳細 発展2段階:「一般絢爛たる製作台」を利用可能になり。通常の製作よりも高品質なアイテムが製作できます。
発展3段階:さらに高品質なのアイテムを製作可能な「高級絢爛たる製作台」を利用できます。
設置地域 マリアノープル、ゴールド平原、地獄の沼地、ロングビーチ、ホークハント高原、グラスランド、ロカのチェス駒

 

地域専用種子商人 (発展2段階以上で利用可能)
詳細 発展2段階:「NPC種子商人」が現れ、その地域で栽培可能な種や苗木を購入できます。
発展3段階:「NPC種子商人」でその地域で栽培可能な種を元にして、種の束や良質の苗木を製作できる機能が追加されます。
設置地域  ボーンプレイス、グィオニードの森、ハヌイの床、ソングランド、古代の森、ロカロカ山脈

 

審判の矢 (発展3段階で利用可能)
詳細 発展3段階:「NPC高級薬商人」が現れ、限定アイテム「審判の渇望」を購入できます。また、住民会館手前にある「審判の矢」が活性化され、発展1段階以上に発展した敵対勢力地域のいずれか1つを選んで発展段階を1段階下げる(※)ことができます。
※寄与度150以上かつ先着1名の「住民」のみ使用可能。発展3段階到達後、1回のみ使用可能です。
設置地域 クロススター平原、イニステール