PVP

PvP(Player Versus Player)は、キャラクター同士の対決を意味するコンテンツで、
代表的なシステムとして、占領戦やギルド間戦争、決闘などを挙げることができます。

PvPはギルドに属して進行する大規模なコンテンツの他にも、特定の条件を満たせば、いつでも行うことができます。
 

50レベルに到達するまでは、PvPを行うことができません。

性向値が0以上の状態で、他のキャラクターに襲われた場合アイテムの強化は下落せず、
性向値が一定以上である場合には、変更または破壊されません。(ただし、経験値は一定量減少します)
 

 

有効条件

PvP活性化はキャラクターが50レベルを達成する場合に使用が可能です。
50レベルを達成するためには、49レベルに闇の精霊を介して討伐依頼を完了する必要があります。

PvPが有効な状態では、他のキャラクターとPvPをすることができますが、
安全エリア内、またはPvP有効条件を満たしていないキャラクターは攻撃することができません。

もし性向値がマイナスのキャラクターを倒すとアイテムを獲得することができます。
また、性向値がマイナスのキャラクターを殺したときには性向値の減少はありません。
 

PvPを有効に

キャラクターが50レベルを達成することと、HPゲージの左側に剣と盾の形のアイコンが作成され、
クリックまたはAlt + Cを押してPvPモードの有効/無効が可能です。

PvPモードを活性化させた後は、他のキャラクターを攻撃することができ、相手が反撃する
キャラクター名にナイフ形の戦闘アイコンが表示されます。

戦闘のアイコンが表示された相手を殺した場合には、PvPと認識されて性向値に影響は受けませんが、
そうでない場合はPKと認識され、性向値にペナルティを受けます。


▲HPバーの右側にある剣と盾のアイコンをクリックすると、機能を有効にします。


▲相手を攻撃すると自身及び相手キャラクターにも見えるように、キャラクター名の横に戦闘のアイコンが表示されます。

PvPペナルティ

PvPシステムの最大のペナルティは性向値です。
性向値がマイナスになると、様々なペナルティがついてまわります。

性向値がマイナスのキャラクターは名前が赤くなって認識が容易になり、マイナス値が高いほど色が濃くなります。

性向値がマイナスのキャラクターは、アイテムのドロップが良く、倒しても性向値に影響を受けない為、
他のキャラクターから標的にされやすくなります。

砂漠地帯でのPvP (2016/4/20更新)

砂漠地帯では一部PvPの仕様が、通常エリアとは異なります。 詳細はこちらをご確認下さい。

 

備考

導入及び仕様につきましては、予告無く変更・取り消しが行われる可能性が御座いますので、予めご了承下さい。

 

掲載状況

2015年05月07日 情報の掲載

2015年04月20日 情報の更新