[2017/3/6更新] ギルド

ギルド

特定の目的遂行のため集まった、志を同じくする人々の集団です。

ギルドに所属しないと進行できない専用コンテンツが多く存在し、
様々な活動による報酬は、ギルドの共有財産となり、ギルドメンバー全員がその恩恵を受けられます。

PvPコンテンツの花形である占領戦もギルド専用コンテンツです。  

 

目次

 

ギルド創設

 

各村のギルド管理NPCに話しかけてギルドを創設することができます。
その他に、クランを創設し、その後ギルドにアップグレードさせることでギルドを作ることもできます。
ギルド創設時に10万シルバーが要求され、ギルド創設後、ギルド資金に8万シルバーが振り込まれます。

ギルド解散は、加入したギルドメンバーがいない状態でギルド解散ボタンを押すことで実施されます。

ギルドの顔であるギルド名とギルド紋章を登録することができます。
ギルド名は最大10字まで設定が可能で、全角英数/半角数字/空白/特殊文字/記号は使うことができません。

ギルド紋章の登録は以下の手順で行うことができます。
1. 「マイドキュメント/Black Desert」フォルダの中に60×60ピクセルの「Gmark.png」ファイルを入れる
2. ギルド管理NPCから「ギルド紋章登録証」を購入する。
3. ギルドメニュー(Gキー)から「ギルド紋章登録」を選択して設定する。
※ただし、ギルド紋章登録は毎週月曜日しか行うことができません。
※ご使用画像につきまして、著作権侵害の疑いが強いと判断された場合、
 削除を行わせて頂く場合がございます。(2017/3/6 追記)

18846
▲ギルドを作るには、ギルド管理NPCに話しかけて直接創設するか、クランをアップグレードするかの2つの方法があります。

 

ギルドメンバー契約

他のキャラクターをギルドに加入させる際には、相互作用メニューのギルド招待をクリックします。
対象キャラクターがギルドに加入するためには、ギルド隊長が送った契約書に署名をする必要があります。

契約書には契約期間、一日給与、違約金額が記載されており、契約期間は 0日、1日、7日、14日、30日があります。
契約期間は隊長が決めることができ、一日給与と違約金額は契約期間によって変動します。

もし決まった契約期間内にギルドの脱退を行う場合、該当ユーザーは違約金を
ギルドに支払わなければならず、その金額がない場合ギルドの脱退が不可能となります。
また、占領戦/拠点戦における指揮所や城砦を設立したメンバーは、設立された状態の間、ギルドの脱退が不可能になります。
ギルドでギルドメンバーに給与を支払うことができない場合、違約金額を支払わないでギルド脱退が可能となります。

契約期間内に強制脱退された場合、該当のギルドメンバーには現在給与の3倍の退職金が支給されます。
再契約は契約期間満了後に行うことができます。
再契約をする場合、以前の契約内容は破棄されて新しい契約内容に上書きされます。


※占領戦、拠点戦参加ギルドは開始2時間前から戦闘終了まで、新メンバーを加入させることができません。(2016/10/26 追記)

 

契約期間 一日給与 違約金額
1日 1,000シルバー 500シルバー
7日 7,000シルバー 3,500シルバー
14日 14,000シルバー 7,000シルバー
30日 30,000シルバー 15,000シルバー

▲契約期間によって給与と違約金額に差が生じます。

 

 

▲ギルド解散/脱退はギルドメニュー(Gキー)のトップ画面から行えます。

 

 

ギルド職責及び権限

隊長
ギルド紋章登録/変更、メンバー加入契約/追放、ギルドミッション受諾/完了、ギルド解散、部隊長任命及び解除、戦争申し込み/中止
占領戦城砦/指揮所設置、ゲートオープン、お知らせ、税納付(未納時にだけ)、税金引き出し及び奨励金の割合設定、ギルド商店利用

副隊長
メンバー加入契約/追放、ギルドミッション受諾/完了、ゲートオープン、お知らせ、ギルド商店利用

一般
権限なし
 

 

奨励金

ギルド隊長はギルドメンバーに奨励金の支給が可能です。

ギルド資金と別に、占領戦で勝利した領主/城主である
隊長が税金を引き出す時、一部はギルド資金に帰属され、
残りを隊長がギルドメンバーごとに優遇割合を決めて奨励金を支給することができます。
奨励金は現在ギルド資金の30%位でギルドメンバーに分配され、ギルドメンバーごとに
奨励金等級を隊長が指定することができます。

奨励金等級は 1等級~4等級が存在し、数字が大きいほど大きな奨励金を受けることができます。
 

ギルド運営

ギルドは事業の成功を称えて、ギルドとメンバー間の雇用契約を介して、毎日手当を支給します。
各メンバーの最初の手当額は定められており、ギルド活動に応じて手当て引き上げ率が決まります。

ギルドミッションの遂行がギルドの主な収入源であり、占領戦でで勝利して徴収された税金は
副収入で見ることができます。

ギルド資金で利用可能なギルド商店を通じて占領戦物資が提供され、
ギルド倉庫を通じてメンバー間の共有が可能です。

ギルドハウスはギルド資金を利用したオークションを通じて獲得可能なシームレスな空間で、
ギルド倉庫や様々な機能を活用できます。

ギルド等級とメンバー数に応じて税金が課されます。

 

ギルドミッション

ギルド任務は占有任務(戦闘型)と汎用任務(生活型、貿易型)に分かれています。

占有任務は、他のギルドが先に遂行した場合、進行が不可能になり、汎用任務はどのギルドも同時に遂行することができます。
汎用任務の場合、受諾した瞬間から集めた材料だけ反映されるため、あらかじめ集めておいていても適用されません。
また、貿易型の場合、一定貿易レベル以上のギルドメンバーが必要な場合があります。

ギルドミッションの報酬はギルドポイントとシルバーで支給され、報酬で受けたシルバーは直ちにギルド資金に帰属します。
ミッションを受諾するためには前金で支払う必要があり、時間内に遂行することができない場合自動に取り消されます。

ギルドポイントはギルドスキル習得の基本条件になって、ギルドメンバーを増やすことができる唯一の方法です。
ギルドメンバーの数に応じてギルド等級が上がり、上位等級のギルドだけ遂行することができるギルドミッションが存在します。

「血の誓い」はギルド隊長が詠唱するギルドスキルを使う時に必要なアイテムで、
ギルド管理NPCを通じて、ギルド資金で購入することができます。

18848

▲ギルドミッションはショートカットキー (G)を押して、ギルドウィンドウを開いた後、上部にあるアイコンで確認することができます。

 

ギルド戦争とギルド決戦

【ギルド戦争】

他のギルドに戦争を宣言して、該当のギルドメンバーとレベルに関係なく、どこでも PvPを進行することができる機能です。
宣言を行い、相手ギルドの同意があれば宣言が成立し、ギルド戦争を行うことができます。
最大4個のギルドに戦争を宣言することができます。

戦争を宣言したギルドは、戦争現状に表示され、これまでのPvP現況を確認することができます。
戦争を宣言したギルドの隊長が、戦争開始後1時間が経過した後に「停止」ボタンを押せば戦争を止めることができます。
戦争宣言と停止、戦争現況確認はギルドウィンドウを通じて進行することができます。


【ギルド決戦】
戦争中の2ギルドの隊長が同じチャンネルにいる場合は、
勝利条件と決戦費用選択して、ギルド決戦を行うことができます。
※決戦費用はギルド資金から支払われます。

ギルド決戦はギルドごとに1日1回のみ可能となります。

ギルド決戦は拒否することができ、拒否しても戦争状態は維持されます。
また、勝利条件が達成されていない進行中のギルド決戦を任意にキャンセルすることはできません。

決戦中のギルドの一方が勝利条件に到達したら、数秒から数十秒後に決戦は終了します。
 ※完全に終了するまでは、倒した敵の数が最終結果に影響を与えます。
※例:Aギルドが勝利条件であるキル数を達成し、間もなく決戦が終了する旨のアナウンスが表示されたが、
   完全に終了するまでの間に、BギルドがAギルドを上回って決戦が終了した場合は、Bギルドの勝利になります。

ギルド決戦で勝利したギルドは、決戦費用の合計から税金(20%)を引いたシルバーを
ギルド資金として獲得することができます。

決戦の終了時点で、倒した敵の数が同じまたは、24時間以内に勝負が決まらない場合は
引き分けとなり両ギルドとも負けとみなされ、決戦金額はすべて消滅します。

18848



 

領主

領主は占領戦で勝利して領地を占めたギルド隊長のことです。
領主は各領地の代表NPCから確認できる「領主情報」を通じて専用メニューを利用することができます。

領主は税率に応じて、アイテム取引所で取り引きされるアイテムの
税金を取り立てることができます。

徴収した税金は領主が引き出して使うことができ、
占領戦の途中を除き、いつでも引き出しが可能です。
 

ギルドスキル

ギルドスキルは戦闘型と生活型の2種類があり、全てのギルドメンバーに様々な効果をもたらします。

ギルドスキルには、習得してすぐに適用されるパッシブスキルと、
使用時に一定時間維持されるアクティブスキルが存在します。

アクティブスキルは隊長だけが使用でき、「血の誓い」アイテムが必要です。
全てののギルドメンバーはいつどこでもギルドスキルの効果を受けることができます。
(幸運増加、習得経験値増加、士気増加など)

ギルドスキルを学ぶためにはギルドポイントが必要です。
ギルドポイントはギルドミッションを通じて、ギルド経験値を積み、獲得することができます。

18849
▲ギルドスキルはショートカットキー (G)を押して、ギルドウィンドウを開いた後、上部にあるアイコンで確認することができます。
 

お知らせ

ギルド隊長、及び副隊長はギルドウィンドウ内のお知らせを編集することができます。
記載したい文章を入力後に[登録]ボタンを押すと反映され、ギルドウィンドウを更新すると登録したお知らせが表示されます。

 

保護

ギルドの隊長は戦争に参加しない隊長、副隊長以外のメンバーを「保護」することができます。
保護されたメンバーは戦争に非参加状態となり、相手ギルドからの攻撃は受けません。
※PvPモードONによる攻撃は保護の対象となりません。

メンバーの保護は、ギルドウィンドウ(G)のメンバーリストから行うことができます。
保護可能な人数は現在のギルド加入者数により算出されます。
※保護人数については下記の基本人数にギルドポイントを利用して増加した人数を足したものとなります。

現在加入人数 ギルド規模 保護基本人数
1~30名 小型 3名
31~50名 中型 5名
51~75名 大型 8名
76名以上 超大型 10名

保護設定から24時間経過すると保護を解除することができます。
保護中のメンバーにはメンバーリストに保護マークが表示されます。


 

マスター委任

ギルドマスターを委任したい場合、ギルド隊長自ら委任を行う場合と
ギルドマスターが7日間以上ログインしなかった場合に、副隊長がマスターになれる委任があります。

・ギルドマスターが副隊長に委任する場合はギルドメンバーリストから副隊長を選ぶと
 「隊長委任」ボタンが表示されます。

 隊長委任をする場合、ギルド資金の半分が必要になります。

 

※画像に誤りがございましたため訂正しお詫び申し上げます。(8/9修正)

 

・副隊長がギルドマスターとなる場合は「隊長委任を受諾」ボタンをクリックしてください。
 ただし、委任が可能となるのはギルドマスターが7日間以上ログインしなかった場合に限ります。
 
 隊長委任を受諾する場合、2000万ギルド資金が必要となります。

 

 

 

備考

導入及び仕様につきましては、予告無く変更・取り消しが行われる可能性が御座いますので、予めご了承下さい。

 

掲載状況

2015年05月07日 情報の掲載

2015年05月27日 情報の更新

2015年09月30日 情報の更新

2015年11月11日 情報の更新

2015年11月24日 情報の更新

2016年1月27日 情報の更新

2016年5月25日 情報の更新

2016年8月9日 情報の更新

2016年8月24日 情報の更新

2016年10月26日 情報の更新

2017年3月6日 情報の更新