Lv47~52狩場攻略I(カルフェオン)


Lv47~48頃より徐々にカルフェオン南西側で戦闘を行うようになります。
カルフェオンの南西側は広大なため、初めて訪れた際には負担に感じるかもしれませんが、
地域の一つ一つに特色があり、様々な新しい経験ができるため、一度は訪れてみることをお勧めします。

ここで紹介する狩り場は、訪れる順番は特にありませんが、
キャラクターのレベルに対応した場所ではスムーズにキャラクターが成長していくでしょう。

但し[北カイア山]には強力なパーティ型モンスターが生息しており、
一瞬でキャラクターが倒されてしまう場合があるので、後で訪問することをお勧めします。

また、この案内にはカルフェオン地域ではないが、Lv47~52区間に行くことができる
狩り場[セレンディア神殿]と[クロン城]の内容も含まれています。
[セレンディア神殿]はセレンディア最南端に位置しており、
[クロン城]はバレノス、正確にはベリア村の東側に位置しています。

 

目次

 

ジャイアント駐屯地

ケプランの南側に位置する渓谷にはジャイアント族が住んでおり、
そこでは優れた身体を持ち、野蛮で戦闘本能に忠実なジャイアント族の文化を見ることができます。
彼らは領土に対する野心がなく、これまで通りの生活を営もうとする族長ゲハクと
反対の考えを持つタンツとの対立がおこっています。

基準
評点
説明(名称)
適正レベル
46~48
村との距離効率
★★☆☆☆
ケプラン南東側に位置する
ユーザー密集度
★★☆☆☆
一人で静かに狩りすることが可能
難易度
★☆☆☆☆
簡単かつ楽しく!
狩りの快感度
★★★★☆
巨大なジャイアント族をおもいきり倒す快感!
固有ドロップ
なし
搭乗物のパーキング
駐屯地外郭が効率的

1. モンスター種類及びレベル
1) 基本情報
LV46~48のモンスターが中心
近接 : ジャイアント族、ジャイアント族ウォーリア、ジャイアント族ファイター、
    ジャイアント族ブロウラー、ジャイアント族戦闘兵
動物型 : マダラハイエナ、赤イノシシ
乱暴な(星マーク) : ジャイアント族ファイター

2) 特徴
- すべてのモンスターが近接攻撃型のため、群れを除けば特に注意することはありません。
- 特別アイテムがドロップすることはありませんが、闇の精霊のデイリー依頼の討伐対象となっている為、
Lv50の際の初期資金の確保に役立ちます。
2. レベル/装備条件
Lv48~50程度であれば簡単に戦えるため、あまり強化していない装備でも問題ありません。
優秀性能
 
レベル
攻撃力
防御力
最低水準
45
40~50
60~70
適正水準
50
60~70
80~90

3. 攻略ポイント
1) 注意事項
カルフェオン南部の主な狩場のうち、モンスターのレベル帯が最も低いため、難易度も一番低い狩場です。
そのため、レベルが一定水準に達すると経験値効率が急激に低下します。
たまに出現する"乱暴な"モンスターは防御力も攻撃力も高いですが、
倒すと一度に6,000シルバー以上をドロップするので、余裕があればぜひ倒してみましょう。
適正条件下では「古代遺跡結晶の欠片」も獲得することができます。

2)主な場所及び狩りのルート
駐屯地郊外で狩りをするのも悪くありませんが、崖の間の道を通って内側に入ると、
モンスター密集度がより高くなるため、長時間戦闘するのに適しています。

▲全体的に良い狩り場だが、内側(南の方向)で狩りをする方がより効率的です。

4. 主なドロップアイテム
ジャイアント族 石像欠片 - 貿易品
巨大槍 - 交換用アイテム
古代遺跡結晶の欠片
ブラックストーン(防具)
ブラックストーン(武器)

5. [トレンド] ユーザー密集度
闇の精霊 デイリー依頼の遂行場所の一つとなります。 カルフェオンに住居地を構えているならここでデイリー依頼を遂行することが多く、
一時は多くのキャラクターが密集していましたが、最近はその人気は下火になっています。
そのため、ほぼ狩り場全体を独占することが可能となります。
固有ドロップがなく、モンスターの経験値効率が高いわけでもないので、
装備に応じてLv40半ばから後半まで急速にレベルを上げた後は別の狩り場へ移動したほうが良いでしょう。

マンシャの森

カルフェオン地域に住んでいるゴブリン族を代表するマンシャの小屋がある森です。
マンシャは人間と交流するために努力しているゴブリンですが、彼らを支持するゴブリンはあまり多くありません。
マンシャの森のあちこちには、武装したマンシャ族が旅人相手に略奪行為を行っており、危険な地として挙げられています。

基準
評点
説明(名称)
適正レベル
47~50
村との距離効率
★★☆☆☆
カルフェオンから若干の距離がある
ユーザー密集度
★★☆☆☆
マンシャよりオーガが目的
難易度
★★☆☆☆
但し、オーガは油断禁物!
狩りの快感度
★★★★☆
豪勢なお膳
固有ドロップ
オーガ:オーガのリング(ネックレス)
搭乗物のパーキング
若干危険。安全区域を探す必要有。

1. モンスター種類及びレベル
1) 基本情報
Lv46~48のモンスターが中心
近接 : マンシャ族戦士、ヒグマ、イノシシ、オーガ
遠距離 : マンシャ族槍投兵

2) 特徴
- モンスターが集まっている場所が多いため、まとめて倒しやすく、一群を狩った後すぐに次の群れを倒す形になります。
- 周辺に強力なオーガが出現するため、警戒する必要があります。

2. レベル/装備条件
マンシャゴブリンのみと戦えば適正レベルになった時点で楽しく狩りできますが、
オーガから攻撃を受ける可能性があるため、防御力が高いほど安全です。
 
レベル
攻撃力
防御力
最低水準
47
40~50
50~60
適正水準
48~49
50~60
80~90

3. 攻略ポイント
1) 注意事項
遠距離から攻撃してくるモンスターも出現しますが、ほとんどの場所でモンスターが程よく集まっているので、 大きな問題なく狩りができます。
最小条件で狩りをする場合はオーガと戦闘するは難しいため、襲われないように常に注意しましょう。
オーガは一発一発の攻撃が強力で状態異常スキルも使用するため、Lv50に到達したばかりのキャラクターには手強い相手です。

2)主な場所及び狩りのルート
マンシャゴブリンが広く分布しているため、一つの地域を片付けてから素早く移動した方が良いでしょう。

▲広範囲の敵を倒していったほうが効率的です。

4. 主なドロップアイテム
堕落した結晶 - 交換用アイテム
古代遺跡結晶の欠片
ブラックストーン(防具)
ブラックストーン(武器)
オーガのリング

5. [トレンド] ユーザー密集度
オーガがドロップする「オーガのリング」が高い性能を持つアクセサリーであるため、
高いレベルのキャラクターもよく訪れる場所です。
オーガは個体数が少ないですが、オーガリングを目的としたキャラクターは
マンシャゴブリンとはほとんど戦闘を行わないので、問題なくレベルを上げることができます。

カイア湖(ナマズマンキャンプ)

ナマズマンの生息地で様々なナマズマンが魚と共に生活している地域です。
たまにこの地域で巨大モンスターを見たと主張する人がいますが、
それはナマズマンに追われて見間違えたというのが住民達の定説になっています。

基準
評点
説明(名称)
適正レベル
48~51
村との距離効率
★★★★☆
カルフェオンから非常に近い!
ユーザー密集度
★★★☆☆
集中してもモンスター密集度の高さでカバー
難易度
★★☆☆☆
簡単かつ楽しく!
狩りの快感度
★★★★☆
範囲狩りの真髄
固有ドロップ
なし
搭乗物のパーキング
若干危険。湖の外郭で安全区域を探す必要有。

1. モンスター種類及びレベル
1) 基本情報
Lv48 モンスターが中心
近接: ナマズマン、脂肪質ナマズマン、ナマズマン軽装備ウォーリア、カワウソ魚ハンター
その他 : ナマズマンの肉、ナマズマン腐った魚
乱暴な(星マーク): 脂肪質ナマズマン
2) 特徴
- モンスターの密集度が高く、モンスターの群れ同士の距離も近いため、休まずに狩りをすることができます。
- 適正以下で訪れた際は大変で、ペットの力を借りてもアイテム収集が間に合わない事がある。
- 戦利品が多いため、馬車で訪れて計画的に積みながら狩りをするのもオススメです。

2. レベル/装備条件
適正レベルになると難しくありませんが、モンスターの密集度が高いため、少し注意が必要です。
 
レベル
攻撃力
防御力
最低水準
48
40~50
60~70
適正水準
49
50~60
90~100

3. 攻略ポイント
1) 注意事項
モンスターはそこまで強くなく密度が高いため、休まず狩りができます。
Lv40後半からLv50までレベルを上げる際には最も速くにLvアップが可能な狩場になります。
ただし、稀に出現する乱暴な(星マーク)脂肪質ナマズマンは防御力と攻撃力が強いため、油断は禁物です。
2)主な場所及び狩りのルート
湖の外郭に多くのモンスターが集まっているため、そこが主な場所と言える。

▲湖の右側の道端にはイノシシが歩き回っているため搭乗物を駐車する際には注意が必要です。

4. 主なドロップアイテム
怪しい袋 - 交換用アイテム
魔法の粉 - 交換用アイテム
古代遺跡の結晶の欠片
ブラックストーン(防具)
ブラックストーン(武器)
細工されたオパール

5. [トレンド] ユーザー密集度
Lv40後半からLv50前半まで効率の良い狩り場の一つです。
固有ドロップアイテムはありませんが、
現在も経験値/スキル経験値の獲得を目的としたキャラクターに人気の場所です。

ルツム駐屯地

緑色の肌を持つルツム族が居住する地域です。
ルツム族は人間の言葉を放せる種族で兵士を育成したり、
武器を使って周囲のナマズマンを働かせるなど、人間の文化と似た生活を営んでいます。
ルツム族の出身者は概ねプライドが高く、種族に対する絶対的なプライドを持っています。

基準
評点
説明(名称)
適正レベル
48~51
村との距離効率
★★★☆☆
カルフェオンとトレント村の間に位置する
ユーザー密集度
★★☆☆☆
一人で静かに狩りすることが可能
難易度
★☆☆☆☆
簡単かつ楽しく!
狩りの快感度
★★★★☆
絶え間なく押し寄せるルツム
固有ドロップ
ベルト:ルツムのエリートベルト
搭乗物のパーキング
駐屯地外郭が効率的

1. モンスター種類及びレベル
1) 基本情報
Lv48 モンスターが中心
- Lv50 モンスターが中心
近接: ルツム族兵、ルツム族エリートウォーリア、ルツム族ブロウラー、ルツム族 エリートブロウラー
遠距離: ルツム族弓兵、ルツム族エリート弓兵、ルツム族メイジ
その他: ルツム族の塔、ルツム族大砲
2) 特徴
- モンスターの密集度が高く、白熱した戦闘ができます。
- ルツム駐屯地が対象のデイリー依頼が複数存在している為、貢献度経験値を獲得するのに適しています。
- 初心者向けのアクセサリである「凝縮された魔力のリング」シリーズの主な遂行場所です。
- 初めてLv50を達成した際に有用な「ルツム族エリートベルト」を入手できる場所でもあります。
2. レベル/装備条件
ルツム族駐屯での戦闘は難しくないため、最小条件 / 適正条件はそれほどこだわる必要はありません。
 
レベル
攻撃力
防御力
最低水準
48
40~50
70~80
適正水準
50
60~70
80~90

3. 攻略ポイント
1) 注意事項
ルツム族のエリートモンスターは強力ですが、ルツム族エリート弓兵は強力な攻撃力比べて防御力は低いほうです。
範囲狩り時に最優先で倒せば残りのモンスターは簡単に片付けられるでしょう。
2)主な場所及び狩りのルート
木柵の外郭、内部とも全地域でモンスターの密集度が高い方なので、どんなルートを使用しても同様の効率を良いですが、
木の柵内部が外郭よりは少し効率が高くなるでしょう。

▲全体的に均等にモンスターが分布されているが、木柵の内側がより効率的である。

4. 主なドロップアイテム
ルツム族壊れた牙 -交換用アイテム
ルツムのエリートベルト
古代遺跡結晶の欠片
ブラックストーン(防具)
ブラックストーン(武器)
グリーンクリスタル原石

5. [トレンド] ユーザー密集度
初心者用装身具の「凝縮された魔力のリング」依頼の遂行場所です。
マンシャの森(マンシャ族)はキャラクターが多いため、効率的な狩りを期待できないなこちらを訪れるのも悪くありません。
複数の競争相手と効率の高い狩り場を奪い合うより、こちらを独占できればより良い効率で経験値を獲得できるでしょう

エントの森

古代から存在する巨大な樹エントがいつから自分の意志で移動できるようになったのかは定かではありません。
ただカルフェオン北部の巨大な森林には、その秘密があると言われています。
エントの森は鬱蒼とした森林で、一般人はすぐに道に迷ってしまうでしょう。

基準
評点
説明(名称)
適正レベル
48~51
村との距離効率
★★★★☆
トレント村が近い
ユーザー密集度
★★☆☆☆
難易度
★★☆☆☆
治癒するエントが厄介
狩りの快感度
★★★☆☆
様々な種類のエントと踊りを
固有ドロップ
ベルト:木の精霊のベルト
搭乗物のパーキング
トレント村

1. モンスター種類及びレベル
1) 基本情報
- Lv49~50のモンスター(動/植物型)が中心
近接: 猛獣イタチ、ヤングエント、フクロウエント、双頭のエント
近接/遠距離: ルーツエント
近接/遠距離: オールドエント
ヒーリング: エントの精霊
その他: エント切り株(攻撃 なし)
2) 特徴
- 緑豊かな場所で生きて呼吸するエントが生存しています。
- 古木エントはHPが減少する度にエント精霊とルーツエントを召喚します。
- 攻撃力はかなり高いですが反応速度が遅いため、動き続けながら狩りをした方が良いでしょう。
- 運が良ければ、レアアイテムである「木の精霊のベルト」を獲得することができます。

2. レベル/装備条件
エントの森の難易度は低いのでレベル/装備に、そこまでこだわる必要はありません。
 
レベル
攻撃力
防御力
最低水準
50
40~50
60~70
適正水準
51
60~70
80~90

3. 攻略ポイント
1) 注意事項
エント精霊は生命力が低いほうですが、周辺にいる他のエントを治癒するため、先に倒した方が良いでしょう。
オールドエントは、生命力が減少するとエント精霊とルーツエントを召喚します。
ほとんどのエントは動きが遅いので、移動速度の潜在力増加バフ(食事、エリクサー)で素早く動いた方が効果的である。
2)主な場所及び狩りのルート
森の広範囲にたくさんのエントが存在していますが、密集度は低いため動きながら戦った方が良いでしょう。
▲より素早く動くことで効率を上げることができます。

4. 主なドロップアイテム
幸運の枝 - 交換用アイテム
堅い木の樹皮 - 交換用アイテム
丈夫な木の根 - 交換用アイテム
ブラックストーン (武器)
ブラックストーン (防具)
木の精霊のベルト
古代遺跡結晶の欠片
賢者の血
血色の木の節
古代自然魔力の水晶 - 金剛
古代魔力の水晶 - ハルピュイア
古代魔力の水晶 - ゴブラン

5. [トレンド] ユーザー密集度
似たようなレベル帯のヘッセ聖域に比べると空いていますが、
Lv50帯前半にかなり良い狩り場で、様々な戦利品を獲得できるチャンスもあります。
運が良ければ「木の精霊のベルト」という大当たりアイテムを得ることができます。
カルフェオン南西部に来たならぜひ一度立ち寄べき場所の一つです。

放棄された修道院

放棄された修道院は、エリアン教司祭たちが懺悔のために訪問する場所として知られています。
たまに冒険家が行方不明になる事件が発生しますが、カリス議会側は全く調査する意向を示していません。

基準
評点
説明(名称)
適正レベル
50~51
村との距離効率
★★★☆☆
トレント村がやや近い
ユーザー密集度
★☆☆☆☆
閑静
難易度
★★★☆☆
気が抜けない場所
狩りの快感度
★★★☆☆
熱い範囲狩りはないが・・・
固有ドロップ
指輪:影の証
搭乗物のパーキング
放棄された修道院

1. モンスター種類及びレベル
50Lv 人間型 モンスターが中心
近接 : カルフェオンシャドウナイト、カルフェオン女司祭
遠距離 : カルフェオンシャドウメイジ
乱暴な(星マーク) : 堅固なカルフェオンシャドウナイト
2) 特徴
- メディアを行く前に立ち寄れる3つの神殿の一つです。
- 時折「封印された魔力の耳飾り」の連続依頼を遂行するキャラクターが訪れる場所です。
2. レベル/装備条件
モンスター数は、他のカルフェオン地域狩り場と比較して多くはありませんが、
道が狭い上に暗いため、苦戦する可能性もあり、装備とレベルを整えて挑戦するのが良いでしょう。
 
レベル
攻撃力
防御力
最低水準
50
60
80
適正水準
50
70
100

3. 攻略ポイント
1) 注意事項
カルフェオンシャドウナイトと堅固なカルフェオンシャドウナイトは、ノックダウン、硬直などの
状態異常効果に免疫があるのでなので、注意しなければならない。 戦利品は効率があまり良くないですが、
代わりに高価な指輪である「影の証」をドロップする可能性があるため、
場合によってはレベルの高いユーザーも訪れる場所です。
2)主な場所及び狩りのルート
狭いダンジョンであるため、特にルートの良し悪しはない。

▲井戸の中に入ると、ダンジョンに繋がっています。

4. 主なドロップアイテム
シャドウ騎士団の記章 - 貿易品
堕落した結晶 - 交換用アイテム
古代遺跡結晶の欠片
ブラックストーン(防具)
ブラックストーン(武器)
影の証
5. [トレンド] ユーザー密集度
依頼を進行したり、「影の証」を狙ってやって来たユーザーが立ち寄る場所です。
カルフェオン地域を離れる前に難しいダンジョンに挑戦したい場合は、この場所がオススメです。
加えて「封印された魔力の耳飾り」に関連する依頼を遂行して、アクセサリもおまけで得ることができます。

備考

導入及び仕様につきましては、予告無く変更・取り消しが行われる可能性が御座いますので、予めご了承下さい。

 

掲載状況

2016年7月6日 情報の掲載